【Blokada・Adguard】徹底比較!用途に合わせた広告ブロックアプリのおすすめがわかる記事

【Blokada・Adguard】徹底比較!用途に合わせた使い分け・おすすめがわかる記事

BlokadaとAdguard。どっちを使うべきなのかは結構難しい問題。

実際問題、2者は結構異なってるからそれぞれの人に最適解があると思う。

今回はBlokadaとAdguardの特徴を解説したあと、最適なのはどちらか読者が選べるようにしていく。

ちなみにDNS66っていう似たアプリもあるんだけど、それ使うくらいならBlokadaでいいと思ってるのでさらっと触れるだけにしておくつもり。

目次

Blokadaについて

Adguardの代わりになる無料広告ブロックアプリ

Blokadaは現在AndroidとiOSに対応している、コミュニティベースのオープンソース広告ブロックアプリだ。無料。

スマホの通信を通常ルートではなくBlokada運営のサーバーを経由することで、スマホに届く広告を検知してスマホに届く以前に削除してくれる。

まだ登場して間もない海外製アプリだが、日本にも着実に浸透している。

 

読者の興味を惹ける面白いアプリないかなって米Githubを漁ってきた甲斐あった!
とはいえ、俺が紹介しなくても勝手に広まってたのは確実だけどね。

最近は市民権を得てきたみたいで、このブログのコメント欄にも「Adguardは信用ならない、BlokadaかDNS66の方が安全だと思う」って書き込みがあるくらい。

日本上陸はおそらく2019年12月前後のはずです。

Adguardについて

最強広告ブロックアプリ

Adguardはキプロスに籍のある会社が提供している、企業ベースの広告ブロックアプリ。有料。

大きな特徴として、iOS・Androidに加えPC(Windows・Mac・Linux)に対応している点が挙げられる。
ちなみにFreeBSDというOSにも対応しているんだけど、知名度が低すぎるので割愛。

広告ブロックアプリの中では、知名度的には一番ある。
UIが非常にしっかりしていて、とても使いやすい。

仕組みはBlokadaと同様。

多分だけどAdguardはBlokada開発の際のベンチマークにされている。
AdguardとBlokadaでは、Adguardの方がかなり先発だが、2者は色々なところが似通っている。

DNS66について

DNS66はAndroid向けの無料広告ブロックアプリ。無料。

広告フィルタのカスタマイズ性が高く、好みに合わせたコンテンツブロッカーになる。逆にいえば、カスタマイズありきで動作するのでちょっと面倒。

 

広告ブロックアプリ界のマニュアル車って感じ。

最近の情報ではブラウザ内の広告がブロックできなくなったとのこと。

UIもBlokada・Adguardの2者に追いついていないし基本的には使う理由はない状況にある。

好きで使ってる人を否定するつもりはないけど、新規なら使わなくていいと思う。

BlokadaとAdguardの選ぶポイント

PCでも広告ブロックしたいならAdguard

Adguardの強みはスマホ・PCに死角なく、どんなデバイスでも広告ブロックが使える点にある。

現在もMacでAdguardを動かしているが、画面上部に表示されるインターフェイスがとても使いやすい。

Adguardは3台まで適用できるライセンス制(9台までプランや一台からの月額プランもある)なので、PCでの利用が最初から視野にあるならAdguardを選ぼう。

adguard Mac UI
あわせて読みたい
Adguardという野良アプリがおすすめ!【使用感レビュー】
Adguardという野良アプリがおすすめ!【使用感レビュー】1ヶ月くらい前(2019年11月)から広告ブロックアプリのAdguardを使っているんだけど、とっても快適だからレビュー。2021/01/09追記未だにヘビーユーザーです!だいたいい...

無料がいいならBlokada

Blokadaの強みは無料で使えてAdguardに近い操作感であること。

広告ブロックアプリにお金を使いたくないならAndroid版のBlokada一択

iOS版はAppStoreから無料でダウンロードできる。
ちなみに +α機能を提供している「Blokada+」という機能は有料。

スマホだけでいいならBlokada

Blokadaの弱みは、PCには対応していないことだ。
「スマホだけブロックできれば十分」という感覚ならBlokadaでいいはず。

無料で使えるんだから損はしていない。実際、何もしないよりはストレス軽減になる。

こだわりのDNS66

DNS66は自分の好きなプロファイル(広告をブロックするためのフィルター)をカスタマイズでき、その方法はネット上に色々上がっている。

Android愛好家には「完全に最適化する」ということが大好きな人もいるだろうから、そういう人が使えばいいと思う。

Adguard・Blokada・DNS66のセキュリティについて

DNS型の広告ブロッカーは意図的に自分から通信傍受されにいくようなもんだから、セキュリティに対する不安があるっちゃあるんだけど、そういう人からDNS66は人気あるらしい。

確実に言えることは、セキュリティに気を使わなきゃいけないデバイスではVPN型コンテンツブロッカーは導入するべきではないということ。

使っている人は、ある程度セキュリティの堅牢さを捨てて快適に寄せているという状態です。

個人的なオススメはAdguard

最終的なまとめなんだけど、結局俺としてはAdguardを推す。

AdguardとBlokadaの性能差

広告のブロック性能は全く同じように感じるけど、広告を削除して発生する空白を詰めて綺麗に表示する技術においてはAdguardの方がBlokadaより若干上。
体感だから性能差としては書くほどではないけれど。

対応デバイスが多いという点はAdguardの圧勝。
しかもライセンス買えばどのデバイスでも対応してくれるのがめちゃくちゃいい。

AdguardとBlokadaの安全性・危険性

どっちが安全なのかという議論について、人それぞれ見解はかなり違う。

一概にどちらが安全とは断定できない(というか「安全ですよ」なんて言っても、誰も言葉に責任を持てない範囲)。

安全性への明言は避けるが、どちらもそんなに変わらないと思って良いと思う。

 

きめ細かいアップデートのあるアプリの方がセキュアなようにも思えるけど、そのあたりは個人の判断だな。
悪意がどこに隠れているかなんて表層から見分けるのは厳しい。

まとめ : 番付

現時点では、

Adguard > Blokada  ≫  DNS66

という番付がこの記事のまとめになる。

もちろん異論はあって然るべきなので、各自発信してもらえればと思う。

ダウンロードリンク

adguardはダウンロードから2週間、無料で全機能が利用できる体験版がある。
PCを含むデバイスで広告をブロックしたい人はとりあえず使ってみると良い。

無料期間が過ぎるとライセンスキーが必要になる。
公式サイトから購入できるけど、安く購入する方法があるのでそっち使うと結構安く導入可能。

現在、期間限定特価にて公式サイトで6,500円の永久ライセンス(3台)が半額以下で購入できるキャンペーン中
↪︎ Adguardの限定特価セールはこちら

BlokadaはAndroid版もiOS版もこちらの公式サイトからダウンロード可能。
↪︎ Blokada公式サイト

あわせて読みたい
Blokada ダウンロード方法からインストール・設定まで
Blokada ダウンロード方法からインストール・設定まで無料で使えるAndroid向け広告ブロックアプリ「Blokada」のダウンロードからインストールまでを解説していく。Blokadaを導入すると、ブラウザやアプリなどで表示されるバ...

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1998年生まれの文理両刀な大学生ブロガー。ブログ・YouTubeなどで生活費を稼ぎながら、アルバイト兼インターンとしてwebプロモーション会社でプランナーのインターンをしています。
最近、アドラーベースという会社を立ち上げました。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • Adguard、Blokadaのどちらも利用したことがあり、Blokada v5の日本語翻訳をしました。
    性能面でAdguardのほうが優れているというのは同意しますが、安全性に関する記述については違和感を感じます。
    Adguard:
    ≫キプロスに会社置いて表に顔出してないのが気になる人も多いのは理解する。

    日本語サイトに経営陣でてくることはあまりありませんが、英語サイトではそれなりに出てきます。
    ソースコードも、最近オープンソース化されました。
    また、日本代理店によるサポート体制があります。
    Blokada:
    ≫認知され始めて1年くらいのコミュニティベースのアプリであるBlokadaの方が不安

    公開は2016年です。商業目的でないためマーケティングをせず、ホームページなどは現在も日本語化されていないため日本では認知されていませんが、国際的にはそれなりの知名度はあります。

    ≫Blokadaプロジェクトに参加しているメンバーが本当は誰かだって誰も知らないわけだもの。

    ホームページにありますが、Karol Gusakという人物が中心です。この名前で検索すると本人の顔写真が出てきます。

    ≫より悪意に染まりやすいのは基本的に寄付でプロジェクトを進行しているBlokada

    一昨年あたりから、収益化を目指して有料サービスのBlokada+が開始されています。完全オープンソースのため全員がボランティアで、人件費や賃料などが掛からず、そもそもお金があまり必要ないということもあります。
    また、Adguardよりも早い時期からオープンソース化されており、悪意あるプログラムが入っていればすぐに指摘される体制です。

    ≫使っているデバイスにiOS系統が入っている場合は、結局Blokadaにも課金が必要なので

    課金は必要ありません。Android版同様、フィルター機能とDNSは無料で利用可能です。課金が必要なのは先述のBlokada+で、従来通りの機能は無料です。

    性能や設定可能な内容について比較されるならともかく、安全性や信頼性についてはもう少し慎重に記載していただきたいです。

    • ご教示いただきありがとうございます。
      詳しい部分の理解不足でしたね…!!
      Kazushiさんの情報を踏まえてリライトさせて頂きました・
      ありがとうございます。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる