今日は、おうちで美味しいもの食べませんか? 【10食分無料クーポン配布中】 >>

【必見】AdobeCCが誰でも安く、学割利用できる裏技

デジハリから学ぶAdobeCreativeCloud
 

Adobe社が提供しているアプリはクリエイションに関わっている世界中の初心者から上級者まで、最も使われているデザイン系の超王道アプリ。
実はめちゃくちゃお得に、「Adobe Creative Cloud」を利用する裏技があるんだ!

この記事はこんな人に向けて書いています

  • デザイン系に興味があり、Adobeを使ってみたい
  • 別のアプリを利用しているが、王道のAdobeに手を出してみたい
  • 普段から仕事でAdobeを使っているが、もっと安く使う方法が知りたい
目次

Adobe Creative Cloudで使えるようになるアプリ

Creative Cloudに加入すると、以下のアプリを初めとしたアプリが月額課金制で使い放題になります。

Adobe Creative Cloud 使える主要アプリ一覧
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe XD
  • After Effects
  • InDesign

等々…

「安く抑えるために単品で必要なアプリだけ利用したいな」って考える人も多いんだけど、Adobeアプリは単品購入だと機能が制限されたバージョンしか購入できなくなっているので、Adobe使っている人は皆、Creative Cloudに加入しているのが現状。

 

俺は基本的にはAppleバンドル派(安いから)だったけど、「仕事にも使うならAdobeの方がいいよな…」と思ってAdobeを導入することに決めました。

Adobe Creative Cloudが学割料金で誰でも使える【デジハリONLINE】

Creative Cloudをお得に使う裏技の中身、結論から言うと以下のリンクのサービス「デジハリONLINE」の受講生として登録し、【学生料金 + 受講料】でCreative Cloudを利用するものになります。

Adobe Creative Cloudを誰でも学生料金で使える方法

デジハリオンラインとは? – デジタルハリウッド大学

デジハリONLINEは、東大生の高校時代での模試の併願先としてよく知られる「デジタルハリウッド大学」がデジタルで展開しているクリエイター養成スクールです。

社会人の方でも講座料金だけで簡単にデジハリ生になることができ学生料金でのAdobe Creative Cloud一年分の料金 + 3000円程度で利用できる、ものすごくお得なプランです。

↪︎ さっそく利用してみたい方はこちら

Adobe Creative Cloudの利用料金

Creative Cloudの料金プランはいくつか存在しますが、個人単位では2つ存在し、個人プランと学生・教職員向けプランになります。

個人プラン Adobe Creative Cloud

Adobe Creatibe Cloudの利用料金(個人プラン)

年間プランの一括払い 65,760円/年(税抜)
月々で更新を決めるプラン 8,980円/年(税抜き)

 

正直、高すぎて死ぬ。

学生・教職員向けプラン Adobe Creative Cloud

Adobe Creatibe Cloudの利用料金(学生・教職員向けプラン)

1年目:年間プラン一括払い 23,760円/年(税抜)
2年目:年間プラン一括払い 35,760円/年(税抜)

1年目:年間プラン月々払い 1,980円/月(税抜)
2年目:年間プラン月々払い 2,980円/月(税抜)

 

さっきの個人プランと比べるとありえないくらい安いな。

Adobe Creative Cloudを、デジハリONLINEを通して契約した場合

個人プランの場合、年額65,760円/年(税抜)以上の価格で利用することになります。

デジハリONLINEを通してCreative Cloudを使うと、年額36,346円(税抜)で一年分のシリアルコードが送られくるので、

Creative Cloudの年間利用料金は およそ半額・3万円程度 安く済ますことができます。

 

実際、学生は値段的に言うとデジハリONLINEを使う理由はないかな?
ただ、学割を使えない人にとってはびっくりしちゃうくらい有益。

↪︎ デジハリのCreative Cloudを使ってみる

学生にとってデジハリONLINEはAdobe入門講座の最適解

 

学生の方にとっては、デジハリONLINEの価格設定は割引目的にはなりません。ただし、Adobe製品を使ったことがない人にとってはこれ以上ないお得なプランなのがデジハリONLINEなんですよ〜!

Adobeの基本操作をデジハリが教えてくれる

デジハリONLINE講座は、「入門しやすいリーズナブルな価格でAdobeを学生に提供し、その後クリエイターとして活動できるようになる」といった趣旨の講座です。

Adobeの利用権利を一年分手に入れるだけでも非常にお買い得ですが、デジハリの講師がAdobeソフトの操作方法を講座形式で教えてくれ、さらに課題の添削まで行ってくれるという特典がついています。

こちらは実際に見放題になる動画の無料体験版のようなもの

Adobeのソフトは非常に高性能なぶん、使いこなすのがとても難しく習得が難しいです。
Adobeデビューの段階でデジハリONLINEを使ってしまえば、習得の難易度が一気に下がります。

効率重視
講座型の教材を使った方がいいのはこんな人

独学であれこれやるより、基本を教科書的に網羅してから発展させる方が性に合っている。

似たソフトの利用経験がなく、「なんとなくこうすれば使えそう」という感覚がまだない。

最速で上達して仕事に繋げたい。

デジハリONLINEを使うと案件受注に繋がる

デジハリONLINEを受講すると、デジタルハリウッド大学経由で仕事の紹介を行ってくれます。

一般的には、Adobeを使い始めてから仕事に繋げているのは本当に骨の折れる作業です。

一般的なお仕事に繋がるまでの流れ

  1. 自力でAdobeソフトを習得する
  2. 趣味の領域で、友達や自分のために作品を制作する
  3. クラウドワークスなどを利用して受注できる案件を探す(最初はなかなか見つからず、単価も低い)
  4. だんだんと実績が積み重なり、仕事をもらえるようになる
  5. 最終的に信用を積み重ね、独り立ちできるようになる
 

結構大変だよね…。

しかし、「デジハリONLINEのカリキュラムを卒業した」という実績をデジタルハリウッド大学が認めてもらえるデジハリONLINEでは、

デジタルハリウッド大学からお仕事を紹介してもらえる特典が付いています。

デジハリONLINE受講生がお仕事をもらうまでの流れ

  1. デジハリONLINEのオンライン講座でソフトの使い方を習得する
  2. デジタルハリウッド大学の紹介でお仕事を紹介してもらえる
  3. 打席が多いのでより早く実績が積み重なり、安定して仕事に繋がる状態に独り立ちできる
 

実績経験詰めるのが保証されているなら、立ち回りやすい!

デジハリONLINEは【最短5分】で今すぐ使える

デジハリONLINEのすごい所のひとつに、利用したいと思って申し込み決済すると、5分後には動画を閲覧したりAdobe Creative Cloudを利用できるようになることです。

他のスクールのように承認まで2~3日かかってしまうと、やっと開始できるのは忙しい日常の真っ只中になってしまい、やる気が削がれてしまいます。

 

実はこの記事を書くにあたって他のスクールも比較検討したんだけど、デジハリONLINEが一番安くAdobeを使えたし、すぐに使い始められてその後のサポートも充実していたよ。

格安でAdobeを手に入れても、結局は使わなきゃ意味がない

俺の周りにはAdobe製アプリを使っている友達がたくさんいるけど、みんな初めて買うときのハードルは「難しそうだし、買っても意外と使わないかもだから勿体ないかな?」でした。

実際に、Adobeのアプリは本当に多機能だし、数日で数週間じゃあCreative Cloudのアプリの1つ使いこなせるようになるのも難しいです。

実はAdobe製品の一番の難所は、この最初のハードルをどう超えていくのかになってきます。

これから初めてAdobe製品を使ってみようと思っている人は、ぜひ使い方を教えてくれる師匠を見つけるか、デジハリONLINEのように「使い方がわからない」という状態から脱させてくれる環境を手に入れてから初めてみてほしいです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

読み返しそうなら、はてブでメモメモ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

メディア・YouTubeで生活費を稼ぎながら、webプロモ会社でプランナーとして働く。ITメガベンチャー企画職に長期インターン経由内定した大学4年。
収入アップと固定費削減の2軸で人生をハックし、不況を強かに生き残るための情報を読者のみなさんに届けます。

目次
閉じる