Androidの定規アプリがぶっちぎりで使いやすい。【定規アプリの常識破壊】

本日ダウンロードした定規アプリが本当に使いやすくて感動した。

Androidに入れる定規アプリを探しているなら、本気でこれ以外に選択肢がないので使ってみて欲しい。

無料でダウンロードできて、広告などは一切ナシ。

目次

定規アプリ「Ruler」、Android専用

「Ruler」は、GooglePlayストアからダウンロード可能で、広告ナシ・無料・高機能でいて使いやすいUI と、最強性能の定規アプリだ。

格子状に配置された目盛りで、スマホの上に乗るものなら一発でサイズを計測できる。

ダークモード表示にも対応している。
有機ELディスプレイに嬉しい、#000000 の完全ブラック仕様だ。

 

有機ELスマホで電池節約のためにダークモードにしてるから、これホントに嬉しい

定規の大きさ設定にも光る匠の技

クレジットカードで定規設定

スマホの画面サイズによって、画面上に表示する定規の目盛り幅を変える必要がある。

Rulerでは、設定方法が3つ用意されており

  1. 定規を使う
  2. クレジットカードを使う
  3. コインを使う

の方法で設定可能。

正確さを求めるなら定規でぴったりに設定すればいいし、
お手軽に設定するならクレジットカードで設定するといい。

コインで設定する方法は、今のところ日本の硬貨には対応していなかった。ここは残念。

地味に助かる、計測履歴機能

Rulerでは、計測した値を履歴に残すことができる。

「一度サイズを測っておいたのに、別の作業をしている間に値を忘れてしまった!」というミスがなくなる。

測るたびに計測結果をメモする律儀な人間が受ける恩恵を、アプリが勝手に実現。最高か?

最高に有能なのに無料。広告すらない。

GooglePlayストアの定規アプリは、ほぼほぼ広告付き。

あと、サイズの調整機能がついていなくて、画面サイズ・解像度を自動で取得する仕様なのにちゃんと取得できなくて使えない物も多い。

 

自動で取得するタイプはOSのバージョンアップの度に改修が必要なので、時間が経つと画面サイズ・解像度の取得ができなくなってしまったり、純正Android以外に対応できていなかったりする。

そういう感じで、まともに使える定規アプリが数少ない。
そのうえ、だいたい広告表示があって誤タップで広告に飛ばされるというイライラが存在した。

「Ruler」はGooglePlayストアにある定規アプリの中で一番使いやすい(独自調査)のに、完全無料アドフリー。

もう完全に比較対象になるアプリがない。
少なくとも知らない。

とりあえずダウンロードしちゃおう?

Ruler

Ruler

Xalpha Lab無料posted withアプリーチ

Rulerの開発者にビールを贈ろう

Rulerを開発してくれた人に感謝の意味で、少しでも還元してあげたい。

そういう人は寄付で開発者にビールを送ることができる。

Ruler+ (Donation)

Ruler+ (Donation)

Xalpha Lab¥140posted withアプリーチ

このアプリRuler+を購入することで140円を寄付できる。

機能は無料版と同じ。これで適正価格かちょっと安いくらい。

メルカリ出品がはかどりそう

定規アプリを使いたくなるタイミングって、普段IT企業にばっかり出入りしているとそれほど使う機会はない。

ただ、やっぱりあるといいなってタイミングはあって、それはメルカリで商品が売れた後、発送方法を考えるとき。

 

ネコポスなら厚さ3センチ以下で…、これ厚さ何センチ??
みたいなこと起きがち。

この記事を書くときにMagic Trackpad発送したわけだけど、その時も定規アプリが欲しくなった。

あわせて読みたい
【メリカリ行き】Apple Magic Trackpadを一年使った結果
【メリカリ行き】Apple Magic Trackpadを一年使った結果マジックトラックパッドの第一世代を一年使った結果、感じたメリットとデメリットをレビューしていく。向き不向きのある製品だということがよくわかったので、購入前に...

Rulerさえあれば定規なくても困ることなくなる。

どんどん道具のデジタル化進めて物が少ない生活を目指したい。

 

「Ruler」が圧倒的すぎて市場の支配者だな。
そういう意味でアプリ名を「Ruler(定規・支配者)」にしたのかなぁ。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

文理両刀な大学生。メディア運営・YouTubeで生活費を稼ぎながら、アルバイト兼インターンとしてwebプロモーション会社でプランナーとして働いていました。現在はメガベンチャーの企画職としてインターンしています。
収入アップと固定費削減の2軸で人生をハックし、不況を強かに生き残るための情報を読者のみなさんに届けます。

目次
閉じる