今日は、おうちで美味しいもの食べませんか? 【10食分無料クーポン配布中】 >>

【最新方法】シャッター無音化やり方まとめ【Android】

日本ではスマホにシャッター音をつけるのが義務付けられています。
静かな場所でカメラアプリを使うと結構響いてしまいますね。

シャッター音を消す方法は主に3つあって、

  • 純正カメラ無音化アプリを使う
  • 無音カメラアプリを使う
  • root化してシャッター音のファイルを削除

といった方法を使えば、カメラを無音で使うことができます。

Mute Camera

目次

無音カメラアプリ編

高品質の無音カメラ

高品質の無音カメラ

Fei WANG無料posted withアプリーチ

メリット【無音カメラアプリ】

無音カメラアプリを使うメリットはインストールするだけで設定など必要なく、簡単に使えるようになることです。

また、いい意味でアプリに種類もなく、無料で使うことができます。

デメリット【無音カメラアプリ】

画質が荒くなります。
無音カメラアプリはスマホのカメラに写ったイメージをキャプチャする仕組みになっています。

例えると、カメラアプリで風景を写した画面のスクショのようなもの。
純正のカメラアプリでは、シャッターボタンを押してからピントを合わせ、被写体深度を測定、色味を調整といった処理があるのですが、それができません。

結果的に画質は悪くなります。

無音カメラアプリはこんな人におすすめ

基本的に無音カメラアプリは、おすすめしません。

  • 画質が悪くてもいい
  • 純正カメラアプリのように容量の大きい画像にしたくない
  • 設定とかは絶対したくない

といった感じでしたら使ってもいいでしょう。

root化編

root化を行えば、スマホの内部ファイルをいじれるようになるので、シャッター音に使われている音声ファイルを直接削除することができます。
ただし、この方法では

  • スマホのセキュリティ悪化
  • OSの誤作動の可能性
  • サポート対象外になる
  • 改造できないようにメーカー毎に対策の可能性

などの理由から、あまりおすすめできません。
とくにカメラの無音化のためだけにroot化するのはリスクと割に合いません。
すでにroot化済みのスマホを使っている場合は検討してみてください。

OSアップデートのたびに内部ファイル弄らないといけなかったりするので、メンテナンスも必要になります。

純正カメラ無音化アプリ編

一番画質がよく使いやすいのは、Androidでは純正カメラアプリとなります。
純正カメラアプリのシャッター音をroot化なしで消すためには、専用の無音化アプリを使います。

Androidの仕組みとして、スマホから出力される全ての音を無効化することができます。
この方法をカメラアプリが起動している間だけ適応することで、純正カメラアプリでの無音化が可能になります。

メリット【純正カメラ無音化アプリ】

  • 写真の画質を高く保てる
  • 普段と変わらない操作性
  • わりとポピュラーな方法で安心感がある

デメリット【純正カメラ無音化アプリ】

  • 機種によってうまく動作する・しないの相性がある
  • Play Storeに似たアプリが多く、比較しにくい
  • 高機能なものだと有料になる(300円程度)

純正カメラ無音化アプリはこんな人におすすめ

純正カメラ無音化アプリを採用するのが王道の方法です。

  • 純正カメラアプリを使いたい
  • 画質は捨てずに無音化したい
  • 数百円程度なら出費は問題ない

という方なら純正カメラ無音化アプリで間違いないはずです。
純正カメラ無音化アプリのおすすめはこちらから確認できます。

あわせて読みたい
純正カメラ無音化アプリ徹底比較!最強アプリはこちらです【Android・非root】 スマホのシャッター音があると、静かな場所での撮影など邪魔になる場面が出てきます。 そのためシャッター音を無音化するアプリが存在するのですが、種類が多くどれを使...

 

カメラ無音化Free:サイレントシャッター、カメラをミュート

カメラ無音化Free:サイレントシャッター、カメラをミュート

HDM Dev Team無料posted withアプリーチ

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

読み返しそうなら、はてブでメモメモ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

メディア・YouTubeで生活費を稼ぎながら、webプロモ会社でプランナーとして働く。ITメガベンチャー企画職に長期インターン経由内定した大学4年。
収入アップと固定費削減の2軸で人生をハックし、不況を強かに生き残るための情報を読者のみなさんに届けます。

目次
閉じる