今日は、おうちで美味しいもの食べませんか? 【10食分無料クーポン配布中】 >>

【4選】Final Cut Pro Xを格安で購入する方法【FCPX】

目次

Final Cut Pro Xを安く購入する方法【4選】

教育機関向けPro Appバンドルを利用する

最安値購入方法は、Appleが行なっている学生などを対象にした「教育機関向けPro Appバンドル」です。通常34800円のFinal Cut Pro Xが、総額7万4000円のApple製クリエイティブアプリ詰め合わせで22,800円で購入できるバンドルになっています。

ただし、購入できるのは以下の人に限られます。

  • 大学生
  • 大学受験予備校生
  • 教育機関の職員(小中学校のPTA役員含む)
  • その他一部の機関職員

この方法で購入できる方は、教育機関向けApp Proバンドル購入ページから購入しましょう。

ちなみに、後で紹介する楽天Appleギフトカードショップやamatenと併用してさらに安く購入できるので、購入前にチェックしておくことをおすすめします。

 

↑これマジで絶対確認しといた方がいい。大きな買い物なんだからちょっと安くなるといっても数千円変わってくる。

楽天で安くAppleギフトカードを購入する

楽天市場には、「Apple ギフトカード 認定店」という販売者がいます。ここで購入した場合、販売は定価なのですが、楽天のポイントが付与されます。楽天ポイントの併用も可能です

また、購入後はメールで自動的に引き換えコードが送られてくるため、待ち時間も発生せずストレスがありません。

Final Cut Pro XはMac向けAppストアからも購入できます。
つまり、教育機関向けpro Appバンドルでも、Appストア経由でも、2~3万円分の買い物に楽天ポイントを付けられるんです。

ギフトカードを購入したら、Final Cut購入前に忘れず適用しておいてくださいね。

Appleギフトカード1万円分が最大なので、2~3枚購入して軍資金に充てましょう。


 

楽天ポイントで数千円は軽く値段が変わってくるよ。

amatenでAppleギフトカードを安く購入する

教育機関向けPro Appバンドルの購入ができる人もできない人も、購入画面ではAppleストアギフトカードが利用できるので、そのコードさえ安く手に入れば安価に購入できます。

駅前のギフトショップで安く購入できることもありますが、eギフトより電車用切符などが多く取り扱われており在庫が不確定なので、ネットのギフトカード取引ショップとして有名な「電子ギフト売買サイト amaten」を利用するのがおすすめです。

すでに利用したことのある人には説明不要ですが、amatenは国内No.1のギフトカード売買サイトです。

amatenの残念な点として、クレジットカード決済できず銀行振込のみ対応となっています。
しかし、楽天銀行やゆうちょ銀行の口座を持っていれば、同行内の振込扱いで手数料完全無料になります。

電子ギフト売買サイト amaten

Appleギフトカードを購入し、教育機関向けApp Proバンドル購入ページ または Final Cut Pro X購入ページ から購入し、決済情報入力画面でPINコードを入力してください。

還元率の高いクレジットカードを利用する

数%の還元ではありますが、クレジットカードの還元を最大化すると安く購入できると言えます。

使い勝手のいい高還元率クレジットカードで楽天カードを使う

ポイントが貯まりやすいことで有名な楽天カードは、通常のクレジット決済では還元率1%(100円につき1円分)で、年会費無料の中ではトップクラスの還元率。

普段使いのことも考えると、楽天市場や楽天トラベル、ぐるなびなどのサービスを利用することでさらにポイントが貯まっていきます(世帯主なら年間1~3万円分のポイントが付与されるくらいの水準)。

他社が渋すぎるだけとも言えます。楽天経済圏はある種の常識。

まだ利用したことのない人なら、新規登録で5000ポイントもらえるので、実質5000円の割引になります。

代替ソフトの利用も検討の余地あり

お得に購入できる他の動画編集ソフトも、Final Cut Pro Xとは別の魅力があってとても魅力的です。

Adobe Premire Proを誰でも学割価格で

Adobeの動画編集ソフトで、プロの世界でもっとも使われるのが「Adobe Premire Pro」です。超高度な編集も、Adobe製の別ソフトと連携すればできないことはないと言ってもいいでしょう。質の高い動画を作ろうとすると、同時に画像編集ソフトも必要になるので他ソフトとの連携はある程度使いこなせるようになったら使う頻度も増えると思います。

価格が高いのが残念な点で、Adobeの全ソフトが使い放題になる「Adobe Creative Cloud」というパックがあるのですが、そちらが年額65,760円(税抜)もしてしまいます。

しかし、誰でも年額36,346円(税抜)でCreative Cloudを利用できる方法があります。仕事に結びつく動画編集がしたいなら、Adobe Creative Cloudの検討をおすすめします。

詳しくは以下の記事で解説しています。

【まとめ】格安ギフトカードが最強だった

Final Cut Pro Xの安価な購入方法を探ってみて、結果的にはギフティッシュと楽天の強さが際立つ結果となりました。

ただし、amatenは登録など色々面倒なので、基本的には楽天のappleギフトショップを使うのがベストかと思われます。

楽天の割引効果がびっくりするほどよくわかる結果となったので、楽天を利用していない人はこれを期に楽天カードを作ってみるといいと思います。会費や入会費は一切無料なので、少なくとも損することはあり得ません。

他にも、安く購入する方法がないか知りたい商品などありましたら教えてください!全力でサーチいたします!

読み返しそうなら、はてブでメモメモ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

好きなのものはVTuber、嫌いなのものはバチェラーとテラスハウス。
可愛すぎたがゆえにぼっち。
普段は一般人に擬態して生きてます。

目次
閉じる