「Final Cut Pro」と「X」の違い【初心者向け解説】

Macでの映像編集ソフトを検討している初心者の方が疑問にぶつかるポイントとして、

 

「Final Cut Pro」と「Final Cut Pro X」ってどういう違いがあるの?

という疑問がつまずきポイントになっています。

今回は、Macでの映像編集を本格的に始めようとしている初心者の方に向けて、詳しく解説していきますね。

目次

「Final Cut Pro」と「Final Cut Pro X」は同じ製品だと考えて良い

はじめに結論ですが、「Final Cut Pro」と「Final Cut Pro X」は同じものだと考えて大丈夫です。

「Final Cut Pro」にアップデートが加えられ、バージョン10になったのを機に「Final Cut Pro X(テン)」と記載されるようになりました。

アップデートにより、「Final Cut Pro」時代と、「Final Cut Pro X」時代では機能追加によって大きくUIが異なっています。その点を強調し、新しいバージョンのファイナルカットを表現するため、Appleが「Final Cut Pro X」という名称を使っているのだと私は解釈しています。

「Final Cut Pro X」はiMovieに似た直感的に操作できる上に、非常に高度な編集も可能なので、Youtuberや本職動画クリエイターも利用しているソフトです。Mac版しか存在しませんがAppleが開発しているので、Macとの相性は当然、最高です。

アプリ内での表示の違い

ファイナルカットの最新版を起動してアプリ情報を表示させると、「Final Cut Pro X」の名称で表示されます。

バージョン10だから「X(テン)」

しかし、アプリがDockに入っている際の表示は「Final Cut Pro」となっています。

Final Cut Pro X in Dock

バージョンの違いで名称が変わっていますが、同じ製品である名残がそのまま残っており、わかりにくくなっていますね。

ネット上で見かける「Final Cut Pro」と「Final Cut Pro X」の情報は、最近の情報なら同じものを指しているし、古い情報ならアップデート前の参考にならない情報である可能性が高いことを抑えておけばOK!
バージョンをアップデートすれば、どう買っても性能面は全く同じです。

「Final Cut Pro」と「Final Cut Pro X」の購入方法の違い

Mac向けアプリストアの「Final Cut Pro」

Mac向けAppストアでは、「Final Cut Pro X」で検索しても「X」なししか表示されないことがあります。しかし、これをダウンロードすれば「Final Cut Pro X」がダウンロードされることになっています。

「Final Cut Pro X」の名前で表示されることもあったらしい。
Xがあろうとなかろうと、ストアに出てくるのは1つのはずなのでそれが「Final Cut Pro X」です。

「教育機関向けApp Proバンドル」などの購入方法を使わない場合には、ストアから単品購入するのがお手軽です。

2021年2月現在で価格は36,800円ですが、AppStoreでは「App Store & iTunesギフトカード」が利用できるので、

楽天などからiTunesカードを購入するか、Giftissueのようなギフトカード購入サイトを利用すると何割か安く購入することができます。

割引率備考
楽天(実質)5~15%程度楽天ポイントが貯まる分で実質割引
Giftissue10%~20%程度会員登録などの手続きが必要
どちらも手続きはオンラインで完結し、すぐにコードを受け取れます

楽天市場のiTunes公式販売店では、定期的にiTunesカードの割引販売を行なっています。
割引キャンペーン中なら、利用しない手はないと思いますよ。

Mac向けアプリストアのFinal Cut Pro Xはこちら

Appleストアの「Final Cut Pro X」

Appleストアからも「Final Cut Pro X」を購入することができます。
特に、教職員向けPro Appバンドルで格安価格で購入したい場合、Appleストア経由しか対応していないので注意が必要です。

↪︎教職員向けPro Appバンドルってなに?って人はこちら

Appleストア経由で購入する場合、先ほど紹介したiTunesカードを利用した購入方法は利用できません。代わりに、Appleストアで利用できるのはAppleストアギフトカードとなります。

こちらのギフトカードは楽天市場などでの取り扱いはありませんが、Giftissueではやはり10~20%程度安く購入できます。

Appleストアの教育機関向けPro Appバンドルはこちら

タイミングにもよりますが、楽天リーベイツではAppleストアが対象になっているので、割引率が落ちてもお手軽に安く購入したい方はこちらを利用するといいです。

 

楽天リーベイツは、他のストアにアクセスする前に楽天リーベイツのサイトを通ると、各ストアのポイントなどとは別に楽天ポイントが追加でもらえるサービスです。ポイントの2重獲得なども可能。

Appleストア経由で購入すると、決済後にアクティベートキーが記載されたメールが届きます。キーを入力してライセンスを有効化することで、買い切りソフトとして利用していくことができるようになります。

どの購入経路でも、利用できるようになるのは「Final Cut Pro X」

購入したストアが変わっても、使用できるようになる製品は同じです。

UIとしては、「Final Cut Pro X」はすでに完成の域に達しており、iMovieを使ったことのある人なら同じように編集するだけなら予備知識なしで使いこなせるはずです。

Final Cut Pro X の編集画面

教育機関向けPro Appバンドルの購入条件や抜け道についてなど

「Final Cut Pro X」が含まれていて、格安で購入できる「教育機関向けPro Appバンドル」は学生や教職員でなくでも購入できる可能性があります。詳しく解説した記事はこちら。

動画編集は実は簡単に上達できるという話

「動画編集に対するハードルって、実は思ったより低いんだよ」ということを経験を踏まえてコソッと伝えるために書いた記事です。

もちろん、動画編集のプロとしてものすごい人もいるので、ここだけの話として「コソッ」と伝えさせていただきます。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1998年生まれの文理両刀な大学生ブロガー。ブログ・YouTubeなどで生活費を稼ぎながら、アルバイト兼インターンとしてwebプロモーション会社でプランナーのインターンをしています。
最近、アドラーベースという会社を立ち上げました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる