Huawei NOVA3で楽天UN-LIMITを使ってみた!SMSや通話は使えない?【使用感レビュー】

先日、楽天UN-LIMITを契約しついにSIMカードが届いたので、今までサブ機として使っていたHuawei NOVA3に挿して使ってみた。

実際に使えるのか、通信速度は問題ないか、SMSや通話は使えるか、何か特筆すべき注意点はないか等について書いていく。

目次

回線接続の問題はないが、ソフトウェアアップデートに留意

結論から言えば楽天回線には問題なく繋がった。
回線に繋がると、大手キャリアなら「DOCOMO」「KDDI」「SoftBank」などと表示される場所に「Rakuten」と表示される。
普通にSIMスロットに楽天SIMを挿入するだけで、APN設定などの設定は一切不要で楽天4G回線に繋がった。

ただ、EMUI9.1が最新版の状態でEMUI9.0のままSIMを挿入したときには、一見回線に繋がっているような表示だが通信のリクエスト(Google検索など)をしても通信が行われないといった状態になった。

これはEMUI9.1(その時点での最新版)にアップデートしたら解消されたので、楽天SIMを挿したが回線に繋がらない人は、OSを最新版にアップデートしてみると解消するかもしれない。

SMS/通話は可能か?

契約当日時点で、SMSは使えなかった。
また、電話も繋がらない。

NOVA3は楽天UN-LIMITの公式サイトに対応機種と記載されているので、使えないのは意味がわからない。
ただ、まだ回線開通から3時間も経っていない段階なので経過を見ることにする。

追記(2020/04/22)
一日待って繋がるようになりました。
色々いじったのでどれかが当たっていたのかもしれませんが、多分時間が解決してくれた感じです。
さらに追記(2020/04/24)
どうやら楽天回線に接続するのが重要だったみたいです。
パートナーエリアでは現在もSMS認証ならびに通話はできません。
楽天回線に接続した状態でmy楽天モバイルの認証を突破しました。
2020/10/06追記
一度突破しちゃえば今は快適に使えてます。
結局、外でテザリング機能を使い倒すデータSIMになってます。
マジで便利。

通信している基地局がわかりにくい

楽天UN-LIMITを使って感じたのは、今使っているのが楽天回線なのかパートナーエリアなのかわかりにくいことだ。

街中でも突然パートナー回線に切り替わっていたりするが、my楽天モバイルアプリを開いて確認しないとわからないので気づくとパートナー回線の容量を喰っていたりする。
できれば高速通信無制限の楽天回線でダウンロードや動画視聴は行いたいので、ぱっと見でわからないのは不便さを感じる。

今のところ、パートナー回線で高速通信できて楽天回線で通信していたらラッキーくらいに思っておくのがいいのかもしれない。

通信している回線をわかりやすくするには

LTE Discoveryというアプリを入れれば画面上に接続している回線のバンドが表示されるので、視覚的にわかりやすくすることができる。

楽天エリアでは通知欄に【3】の表記が出る。
パートナーエリアでは【18】の表記が出る。

基本は低速モードで使うといい

楽天UN-LIMITを使う際に、通信方法を設定できるmy楽天モバイルのアプリで低速モードという設定ができる。
これを使うと最大1Mbpsの通信に制限されるが、パートナーエリアでの通信が無制限になる。

低速モード状態でも実際に1Mbps近くの速度が出るので、大容量のデータ通信を行うとき以外は低速モードにしておくと快適に使えそうだ。

2020/04/21(火)16:02の計測結果
860Kbps/13Mbps (down/up)

楽天UN-LIMITについての総括

楽天UN-LIMITはメイン使いには向かず、サブを使う上での2枚目SIMとしてならアリ。
無料で得られるリターンとしては間違いなく2020年で一番大きいので、先着300万人としてなら使ってみて良いと思う。

ただし、現状で楽天UN-LIMITが有料だとしたらわざわざ使うメリットもない。
MNOを謳っているが、できること・回線速度は格安SIMと全く同じ。

先着300万人から溢れたなら大人しく別キャリアを使うべきだと思う。

まだキャンペーンが続いているか、楽天モバイル公式サイトで確認してみて欲しい。

以上!

楽天UN-LIMITのキャンペーンコード「2020041900495」
を手続き画面で使うと、2000ポイント追加でもらえます。
楽天UN-LIMITは実質一年無料なのに加え、追加でのポイント付与になるので、最大限お得にしたい方はどうぞ。
僕も紹介料をもらうことになるので、大丈夫な方のみでお願いします!

 

NOVA3だけでなく、楽天UN-LIMIT自体の感想や問題点はこちらの記事にまとめています。

あわせて読みたい
【楽天UN-LIMIT】2020年最大のコスパ。無料でデータ通信し放題だから乗り遅れるなよ。
【楽天UN-LIMIT】2020年最大のコスパ。無料でデータ通信し放題だから乗り遅れるなよ。楽天UN-LIMITを契約し、実際に使ってみて感じた楽天UN-LIMITの特徴や問題点、実用的な使い方について書いていきます。Twitter(@t0kni)もやっているので、そちらも合わせ...

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

文理両刀な大学生。メディア運営・YouTubeで生活費を稼ぎながら、アルバイト兼インターンとしてwebプロモーション会社でプランナーとして働いていました。現在はメガベンチャーの企画職としてインターンしています。
収入アップと固定費削減の2軸で人生をハックし、不況を強かに生き残るための情報を読者のみなさんに届けます。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 貴重な情報、ありがとうございます。
    nova 3 liteでは無くnova 3で問題なく使用出来ていると言う事で間違いないでしょうか?
    一部、固定電話、IP電話からの受信が出来ない等の報告がありますが、その辺りについても教えていただければ本当に助かります。
    よろしくお願いします。

    • 初めまして。閲覧しコメントいただきありがとうございます。
      liteではなく、nova3での使用状況ということで間違いありません。

      固定電話やIP電話から受信できないというのはおそらく、楽天回線エリア外の話かと思われます。
      楽天回線エリアでは(固定電話・IP電話通話含め)通常の通話機能は問題なく利用できるみたいです。

      楽天Linkアプリは電話回線での通話をデータ通信に変換してパートナー回線で使用できるようにしたものです。
      パートナー回線エリアでは、楽天Linkアプリを使わない通話の送受信ができません。
      特殊な形式の固定電話やIP電話だと、楽天Linkのシステムへと通話を変換する過程でエラーが出ているのだと推測します。

      楽天回線エリアのみが生活圏ならいいですが、そうでない場合には通話用途は期待せずに無料データSIMとして使うしか(現状では)なさそうです。

楽天DOCOMO回線のNOVA3ユーザー へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


目次
閉じる