【実際に検証】LINEモバイルは遅い?通信速度を検証してみた!

LINEモバイルはLINE株式会社が手がける格安SIMです。
その魅力としてはやはりSNSのパケットが使い放題になることですが、格安SIMの宿命として通信速度が遅いのではという懸念があります。

目次

【検証】LINEモバイルの通信速度

実際にLINEモバイルと契約し、通信速度を検証して行きます。
使用した通信速度チェッカーはfast.comです。

計測時間帯 通信速度(平日) 通信速度(休日)
0時帯 120Mbps 13Mbps
5時帯 131Mbps 101Mbps
7時帯 1.8Mbps 2.5Mbps
9時帯 1.7Mbps 2.3Mbps
12時帯 2.9Mbps 1.7Mbps
15時帯 4.9Mbps 12Mbps
18時帯 5.0Mbps 2.0Mbps
20時帯 5.0Mbps 1.5Mbps
22時帯 1.3Mbps 0.9Mbps
23時帯 2.4Mbps 1.3Mbps

計測結果、LINEモバイルの通信速度は

平日の最も速い時間で131Mbps、最も遅い時間で1.3Mbps
休日の最も速い時間で101Mbps、最も遅い時間で0.9Mbps

という結果になりました。

LINEモバイルの通信速度散布図に表した図

縦/通信速度(Mbps)横/測定時間帯 * 青/平日 オレンジ/休日 * 点線/推定通信速度

【結果】意外と高速だった

LINEモバイルは基本的に遅いと言われることが多いのですが、検証結果は意外にも高速だったという結果になりました。

LINEモバイルでは定期的に利用者アンケートを行なっており、回線の速度や価格設定に対する満足度を聞いてきます。
通信速度が他キャリアと比べ相対的に遅くなれば、回線を拡張したりする改善を行なっているようです。

通信速度計測中のスマホ

【考察】LINEモバイルはコスパが良い

今回の検証の結果出た通信速度は、動画視聴やSNS利用・FPSゲームなどを行なっても快適と言える水準でした。

LINEモバイルが遅いと言われるからにはおそらく遅かった時代もあるのでしょうが、少なくとも現在改善されているということは、快適に使ってもらおうという意思を感じます。

そもそも格安SIMの立ち位置として値段では大手より安く優秀ですが速度は劣るという特徴があります。
結果的に問題ない速度で通信できていれば、十二分にLINEモバイルは使う価値がある格安SIMだと考えられます。

また、利用者のターゲティングがはっきりしており、「主にSNSで通信量を消費しているユーザー」が得する料金プランになっています。

これは一考の余地ありどころか、SNSユーザーなら使っとくべきというレベルです。

LINEモバイルを見てみる

スマホの利用目的が主にSNS → LINEモバイルなら通信制限の心配がなくなる!



最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

読み返しそうなら、はてブでメモメモ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

文理両刀な大学生。メディア運営・YouTubeで生活費を稼ぎながら、アルバイト兼インターンとしてwebプロモーション会社でプランナーとして働いていました。現在はメガベンチャーの企画職としてインターンしています。
収入アップと固定費削減の2軸で人生をハックし、不況を強かに生き残るための情報を読者のみなさんに届けます。

目次
閉じる